バックパッカー一人旅っぽく、ガンジス川をブラブラする ・・インド⑬

一人で早朝散歩、バラナシ最終日をゆっくりのんびり

 

 

ガンジス川で、アルティ・プジャ(夜のお祈り)を見て、朝のボートに乗って、サルナート(仏教聖地)へ行って、火葬を見て沐浴もしました。

 

弾丸気味ではありましたが、バラナシですべきことをすべてやり終えて、バラナシ最終日にのんびりと朝の散歩をします。

 

 

早朝に洗濯する家族たちと、沐浴する人たち

バラナシ最後の日の朝

朝の6時です。

すでに日は昇っています。

洗濯したものを干しています。

インドはどこにいてもいつでもずっとうるさいですが、この時はのどかに静かな風景を楽しめました。

のーんびりと、いい感じでした。

 

ガンジス川の洗濯

パーン

洗っている布を、洗濯の石にたたきつける音が聞こえてきます。

インドっぽい風景です。

 

それにしても、なぜガンジス川の汚い水で洗うんでしょうかね?

川まで洗濯ものを運んでくるのも大変ですし、家で洗った方が楽だと思うんですけど、どうなんでしょうかね?

何かわけがあるんでしょう。

ガンジス川の水が聖なる水だから、その水で洗いたいんでしょうか? 単なるクリーニングなのではなく、ガンジス川の水で洗うサービスといったところでしょう。

 

ガンジス川で洗濯

袋から、これから洗うべき洗濯物を出しています。洗濯もカーストで決まっているようですから、おそらく一家全員で洗濯しているのでしょう。

 

ガンジス川で準備運動

ホッ

こちらでは、おじいさんがふんどし一丁になって沐浴の準備運動をしています。

 

ガンジス川の朝の沐浴

沐浴する人たち。

それを腕を組んで見ている人。

沐浴を終えて、ゆっくり新聞を読んでいる人。

 

ガンジス川でお土産売る人

沐浴を終えて休んでいるお母さんたちと、そこにお土産を売りに来たおじさん。DVDとか写真とかを売っています。

インドのお母さんたちはよくおしゃべりするらしいです。

 

 

インド女子たち

ガンジス女子

インド女子。親子でしょうか?

 

ガンジス川 女子

男子といっしょのインド女子。

女子は2人で男子が1人。ナンパですかね? インド男子は強烈にしつこいんでしょうね。

男子もイケメンが多いですね。少なくとも若い子はシュッとしていてスタイルがいい。おじさんになると、とたんに体型が崩れています。(おばさんも同じか?)

 

ガンジス川 女子

中学生くらいのインド女子。家族で来た感じでしょうか。

右の子は日本にはないデザインの服を着ています。インドっぽいです。ナウシカっぽいとも言えますね。

 

ガンジス川 女子

ヒョウ柄ストールのインド女子。上着の模様とコーディネイトしている感じでしょうか。

オシャレに目覚め始めた年頃でしょうかね。眉毛は何か手を入れて整えてますね。額に目を書いてますかね? だとしたら既婚ってことですよ?

 

ガンジス川 女子

顔が似ています。どう見ても姉妹。

 

ガンジス川 男子

修行僧(サドゥー)が服をたたんでいます。

ガンジス川は日本人もたくさん観光に来ていました。手前左と遠方(正面やや左)に日本人が見えます。

韓国人はいましたが、中国人はまったく見ませんでした。

 

 

「ドルフィン」 ルーフトップのリバービューレストラン

ドルフィン

リバービューのレストラン「ドルフィン」です。

この店を探してここまで来ました。見つけました。

この店に来る途中の細くて暗い道で、マリファナのバイヤーが私に声をかけてきました。

 

ドルフィン ラッシー

ガンジス川に乾杯!

ラッシーを頼みました。ソルティドです。塩味ラッシーにしてみましたが、味は微妙でした。やめといた方が無難です。

 

階段をたくさん上がって上のレストランまで来ました。良い見晴らしです。しばらく、上からの眺めを楽しみました。

 

 

路上マーケット

バラナシ マーケット

ガンジス川から宿への帰り道

路上のマーケットです。ダシャーシュワメードガートへの道の両端でいつも野菜が売られています。

 

バラナシ マーケット

少年がおつかいです。

おじさんがごっそりつかんで袋に入れているのは、青トオガラシです。めっちゃ辛いですよ。

 

バラナシ マーケット スイカ

スイカです。やや楕円です。

右のちいさいのはおそらくメロンでしょう。インドのメロンはこんな感じです。

値段チェックはしませんでしたが、インドは野菜がとにかく安いです。

 

バラナシ マーケット ニガウリ

手前、ニガウリです。

あとは、大根、ナス、オクラでしょう。

 

バラナシ マーケット ぶどう

マンゴーとブドウ。

でかいハチが大量にたかっていました。

路上マーケットで買って食べてみたくもありますが、衛生面がやはり不安を感じますよね。なにしろ暑いですし。

 

バラナシ マーケット ドリアン

そして、ドリアンも! 売ってました!

ニオイはわかりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

飛行機でニューデリーへ1時間半で着く

ワラナシ空港

宿からタクシーで空港まで来ました。800ルピー(1400円)

ガンジス川から空港(ラール・バハードゥル・シャーストリー空港)は25kmくらいの距離です。車で1時間かかりました。

何かトラブルでもあって飛行機に遅れるのもイヤなので、リキシャ―でなくちゃんとしたタクシーを宿から予約して頼みました。

 

インディゴ航空の飛行機に乗ります。

インディゴ空港はインド国内のシェアナンバーワンです。ワラナシ→ニューデリーで5000円でした。

 

 

 

離陸

離陸です。

滑走路に入っていくところが窓から見えました。

2日間過ごしたワラナシを飛び立ちます。

去る寂しさもありますが、離陸するワクワクの方が大きかったですね。

 

デリーへ

1時間半の飛行で、ニューデリーへと帰ってきました!

行きはニューデリーからバラナシまで、夜行列車で2夜かけて行きましたが、帰りはビュンです。

 

 

ニューデリーへと

つづく

 

 

 

 

Follow me!