ニューヨーク 一人旅 初めての羽田空港から初めての中国(北京空港)へ

初めての羽田空港

羽田空港

7:10離陸なので朝早いです。

5:30には空港に来ました。

エアチャイナの搭乗手続き〆切は40分前とのことでした。

1時間40分前の到着ですが、空港は空いていて手続きもスイスイだったので時間はだいぶ余裕でした。

 

ちなみに、国際線は一般的には「2時間前」には空港に着いているのが原則らしいです。

でも、混雑次第でしょうね。

逆に、2時間前に空港に着いたのにそれでも大混雑で間に合わなかった場合に待っていてくれるのかが気になります。

 

 

離陸する先行機

窓際の席が取れました! やりました!

席が窓際かどうかは、私はいつも非常に気になります。

窓際ダイスキ人間なのです。とにかく離陸が好きです。

 

窓から、先行機が飛び立つ瞬間をとらえました。

 

 

離陸

離陸した数秒後です。

もっともテンションが上がる瞬間です。

 

 

富士山

頭を雲の上に出した富士山

 

機内食

うまい!

機内食1つめ

 

 

初めての北京(空港のみ)では LINE が通じない

窓からの北京

北京に着きました。

急旋回中で、下がよく見えます。

全体的にすすけた茶色でした。

 

広い北京空港

北京空港の通路です。

北京空港はとにかく広かったです。

 

北京空港

北京空港です。

迷いました。

違うところから出て行こうとして、「こっちじゃないよ。あっちだよ。」と教えてもらいました。

 

Wi-Fi も空港職員に聞いて接続できました。

Wi-Fi の設定の途中でパスワードを入れなくてはいけない画面があって、パスワードがわからないので人に聞いたのですが、「何でもいいから数字を適当に入れる」のが正解でした。

そんなんわかるか!

北京空港で自力で無料Wi-Fi を接続するのは無理ですよ! とっとと人に聞いてやってもらうのが良いでしょう。

 

 

そして、中国では・・・ラインがつながりません!

「なんでつながらないんだろう?」と四苦八苦してしまいましたが、つながらないのが正解だったのです。

 

後で知りましたが、中国では Facebook も Twitter も、そして LINE も、政府が規制していて使えないのです!

民主化デモの拡散を防ぐために規制していると言われていますが、一方で、中国には LINE と似たような中国産SNSがたくさんあるので、それらの中国企業を守るためとも言われています。

LINE が入ってきたら潰れてしまうので、規制して守っているということです。

他にも中国で使えないものは

Instagram・YouTube・google・mixi・ニコニコ動画・FC2・yahooジオシティーズ・Dropbox

 

ちなみに、VPNというサービスを使えば、中国にいても規制を受けずにスマホを使えます。

中国に限っては、現地SIMカードは使わない方がいいでしょう。

規制を受けると、LINEもFacebookもTwitterも使えないので、日本にいる人と連絡を取るのに「昔ながらのメール」になってしまいます。

ガラケー時代のメールでのやりとり・・・・、懐かしいですね。でも、昔はそれで連絡とりあってましたね。とおーい昔話のようだ・・・。

昔のメールってWi-Fiで通じるんでしたっけ・・? すいません。ちょっとわかりません。

 

 

 

窓のない窓際席

ニューヨーク行きの飛行機も窓際の席を取れました! よっしゃー!

が、しかし!

なんと! 窓がない窓際の席でした。

こんなこともあるんですねえ・・・。

 

そして、隣の席には、アグラをかいて座る中国人おばちゃん。

 

 

 

機内食その1

うまい!

機内食2つめ

 

 

機内食2

うまい!

機内食3つめ

 

機内食は何回食べてもおいしいですね。

 

 

つづく

 

Follow me!