ベーグルを朝から食べる。これぞ、ニューヨーカー!

ニューヨークでは朝4時に目覚める

 

朝の宿のダイニング

初日は24時に寝て、朝4時に目が覚めました。

部屋では他の人が寝ているので、このロビーに来て「地球の歩き方」を読んでました。

 

ニューヨークと日本は時差が13時間あって、日本と真逆の時間になっています。

日本時間だったら、お昼に寝て夕方に目が覚めたようなもんです。

 

初日は睡眠4時間でしたが、2日目が断続的に11時間寝て、3日目も断続的に12時間寝てました。

これはもったいなかったです。夜7時くらいで眠くて寝てしまい、ニューヨークの夜遊びが出来ませんでした。

ニューヨークに行くときは、時差の対策を考えておくべきですね。

 

 

朝6時のニューヨーク

朝6時のニューヨークです。

 

朝のニューヨーク

11月末だったので、朝6時はまだ真っ暗です。

人もいないし、車も走ってません。朝7時くらいから車が走り始めます。

 

 

ニューヨーカーの朝食はベーグル

ベーグルとは・・・

もともとユダヤのパンで、ユダヤ人の多く住むニューヨークでは古くから親しまれている食べ物。日本でもベーグルは食べられるが、ニューヨークのベーグルとは別物。日本は総じてソフトでライト。対して、本場は持つとずっしり。表面がバリっと、中がもっちり。ニューヨークに来たら、大きくてモチモチの本物のベーグルを食べたい。もちろんそのままでもおいしいが、フィリングを挟んで食べるのもポピュラーだ。 「地球の歩き方」より

 

そうです!

ニューヨーカーの朝食と言えば、ベーグルなのです!

3日連続でベーグル食べました

ベーグル屋

KOSSAR’S Bialys(コッサーズ・ビアリーズ)

ホテルの近くに「地球の歩き方」に載っているベーグル屋さんがありました。

朝6時からやってます。

おいしかったので、3日連続で来ました。

 

ベーグル屋のカウンター

これがカウンターです。

おじさんが何を頼もうか迷っています。

朝6時からチラホラとお客さんが来ていましたが、みんなテイクアウトでした。

私だけ、毎朝、店内で一人食べてました。

 

ベーグル屋の飲み物

これが飲み物。

私はレモンジュースが気に入って、これまた3日連続で飲んでました。

 

 

ベーグル1日目

メニューは忘れましたが、スモークサーモンが3枚くらいはさまって、クリームチーズがたっぷり塗られていました。

ガーリックが効いていて、めちゃくちゃおいしかったです。

 

 

ベーグル2日目

これは2日目の朝のベーグル。

エッグがメインでチーズもはさまっています。

初日のベーグルよりあっさりめでしたが、やはり激うま。

 

ベーグル屋3日目の店員

3日目の店員さん。

売っているおばさんは、毎日同じ人でしたが、作る人は毎日違ってました。

おばさんは私を覚えていてくれたようで、気さくに声をかけてくれました。

 

ベーグル3日目

3日目は初日と同じメニューにしました。

スモークサーモンとクリームチーズ。これ、最強ですね。にんにくが強烈なのも私好み。

 

 

ニューヨークで有名なベーグル店

「マレーズ・ベーグルズ」

 グリニッジ・ビレッジにある有名店です。

 

「エッサ・ベーグル」

 ミッドタウンにあります。日本にも上陸した有名店。

 

「タル・ベーグル」

 ミッドタウンとアッパーイーストに5店舗あります。

 

 

つづく

Follow me!