つ、ついに!! 自由の女神にキタ―――――ッッ!!!

アメリカと言えば、自由の女神

 

アメリカを見守る自由と希望の象徴

アメリカ独立100周年を記念して、フランス国民の募金によって贈られた女神像。アメリカのシンボルともいえるその姿は、入国の玄関口であったエリス島を目指して海を渡ってきた多くのヨーロッパからの移民に勇気を与えた。発案から20年以上の時を経て完成した像は、たいまつまでの高さ約46m、台座を加えると約93mにもなる。近づけば近づくほどにその大きさを実感でき、迫力満点。1984年にはユネスコ世界遺産に登録された。るるぶニューヨークより

 

旅の行程マップ

バッテリーパークからフェリーに乗ります。

自由の女神は、リバティーアイランドにあります。

自由の女神を見た後は、エリスアイランドの移民博物館に行きます。

 

自由の女神の観光の仕方は3つ

 ①フェリーでリバティアイランドに上陸して自由の女神を見上げて眺める。予約18.5ドル(2100円)

 ②自由の女神の台座に入いる。台座の中が博物館になっています。18.5ドル(2100円)

 ③クラウン(王冠)の展望台まで登る。21.5ドル(2400円)

 

 台座もクラウンも事前web予約のみです。

 チケット予約はこちら→(STATUE OF LIBERTY & ELLIS ISLAND TICKETS

  予約は時間も指定です。午前9時から午後1時まで

  2週間先までは予約いっぱいなので、早めの予約が必要です。

  クラウンは数か月先まで予約でいっぱいです。

 

 私は、台座チケットが取れました。

 

 

ちなみに、ヘリコプターツアーで見るという技もあります。

 20分 215ドル(24200円) リバティ・ヘリコプター・ツアー www.libertyhelicopter.com

 

 

バッテリーパークからフェリーで、リバティアイランドへ

バッテリーパークに到着

地下鉄でバッテリーパークに来ました。

 

ふりかえるとワールドトレードセンター

おおっ! ふり返ると、ワールドトレードセンターがっ!

 

 

チケット売り場

フェリーチケット売り場です。

11時の便に間に合いました。

 

フェリー乗り場へ

フェリーが見えます。

 

 

フェリー乗船

乗船です。

 

ロウアーマンハッタンを背に進む

マンハッタンを後にします。

ロウアーマンハッタンのビル群がカッコいいです。

 

右手にエリス島

フェリーの右手にエリスアイランドが見えます。

 

自由の女神が見えた

リバティーアイランドが近づいてきました。

自由の女神が見えます。

みんな記念撮影をしています。

 

記念撮影

カシャッ

 

リバティアイランドに上陸

上陸すると背中から

リバティーアイランドに上陸しました。

船着き場からは、自由の女神の背中が見えます。

 

まずまわりを一周する

まずは、自由の女神のまわりを一周します。

 

まわる

この、まわりを一周して歩いている時に、こみあげてくるものがありました。

感無量になります。

 

島からマンハッタンも見えます。

 

自由の女神ドーン!

正面から見た自由の女神です。

 

自由の女神のアップ

自由の女神のアップです。

 

つづく

Follow me!