ウォール街を一人旅。 NY株価と米国債は毎日チェックしてました。

世界金融の中心、ウォール街を歩く

マップ

バッテリーパークでフェリーを降りました。

 

ここから歩いて、ウォール街へ行きます。

・チャージングブル

・トリニティ教会

・ニューヨーク証券所

・フェデラルホール

・FRB

と散策していきます。

 

そして、それから、911メモリアルとワールドトレードワンセンターへ行くプランです。

 

 

アメリカンインディアン博物館

アメリカンインディアン博物館

 

 

道を歩いて北上する

歩いて北上していきます。

 

チャージングブルで記念撮影

チャージングブルに着きました。

アーチュロ・ディ・モディカの作品。ブラックマンデーで経済が混乱したアメリカの景気回復を願って制作された。るるぶニューヨークより

 

ブラックマンデーとは1987年10/19(月)にニューヨーク証券所で起きた、史上最大規模の株価大暴落のことです。世界恐慌の引き金になりました。

 

チャージングブルに意外な行列

行列ができてました。

チャージングブルの顔と並んで撮影するための列が前方に、後ろから睾丸をさわっているのを撮影するための行列が後方に出来ていました。大人気でした。おそらく「お金持ちになれる」という噂でも流れているのではないでしょうか? 普通、睾丸さわって記念撮影しませんよね? 日本語ならキ〇タマの金にかけて「お金もうけ」のダジャレになれなくもないですが、英語でもそういうダジャレになっているのでしょうか? 多くの人が、かがみこんでブルのナニをさわってましたよ。

 

トリニティ教会

トリニティ教会

「トリニティ」とは三位一体の神を指すそうです。映画「マトリックス」で主人公の相棒の女子の名前がトリニティでしたね。

 

ここを右に曲がっていくと、いよいよウォール街です。

 

映画「ウォール街」は、高校生の頃に見ましたよ。

チャーリー・シーンがグイグイ出てきた頃の主演映画です。

証券会社で働く平凡な若手証券マンが、大物投資家のマイケル・ダグラスに気に入られて大成功していきます。

しかし、金儲けのためには手段を選ばないやり方のマイケル・ダグラスと、最後には対決していくことになります。

1988年の作品ですから、ブラックマンデー直後の映画です。

 

 

ニューヨーク証券所

ニューヨーク証券所

日本時間の夜11:30に、ニューヨーク証券所はオープンします。

私も夜な夜なトレードしていました。

 

ニューヨーク証券所

やや正面からのニューヨーク証券所

この日はサンクスギビングデーで祝日だったので、金融機関はすべてお休みでした。

残念ながら、ウォール街の金融ビジネスマンは見ることができませんでした。

 

 

フェデラルホール

フェデラル・ホール

1789年に初代大統領ジョージ・ワシントンが大統領就任の宣誓をした地を記念するホール。

第1回連邦議会もここで開催され、ニューヨークはアメリカ最初の首都となりました。

 

最初の議会での話題は何だったんでしょうね? やっぱり予算ですかね?

 

ウォール街

ウォール街

祝日のため観光客しかいませんでした。

 

屋台がいくつか出ていて「1ドルだよ! 1ドルだよ!」と叫んでました。

 

つづく

 

Follow me!